粘り強くあきらめない!

 私が弁護士として最初に執務した法律事務所は東京の池袋にある「東京パブリック法律事務所」という東京弁護士会が開設した公設の法律事務所でした。
 公設事務所には、障害や難病を抱えた方、貧困のために弁護士を雇えない方、他の法律事務所で断られ続けた方など、さまざまな困難に直面している方が相談にお越しになられます。抱えているトラブルも色々な面で難しく、相談数も多いため、東京パブリック法律事務所はまさに「市民の法的駆け込み寺」の名のとおり、昼夜問わず電話が鳴り続ける、野戦病院のような事務所でした。
 弁護士も心が折れそうになるときもありますが、それでも目の前で困っている相談者のために簡単にあきらめるわけにはいきません。公設事務所の弁護士たちは、最後の砦として、創意工夫と粘り強さで少しでも良い明日になるように頑張る、そんな「公設スピリット」を持って日々執務していました。
 東京パブリック法律事務所で培ったスピリットは今も私の中に宿っています。少しでも良い明日になるよう一緒に進めていきましょう。あきらめる前にぜひご相談ください。